×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
保有・製造車両
桜咲電鉄
実車・旅行記
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
記念画像庫
旅行記

北海道旅行2008.3.2〜3.6 第三日目

第一・二日目はこちら

北海道初日の宿はオホーツク82号。ついこの間まで9・10号として定期列車だったのに夜行便は臨時列車化してしまいました。
北斗星以外の夜行初体験。まぁ特筆すべき事項はありませんでしたが^^;
首都圏から来たと言う方と洗面所でコンセントをご一緒したのですが、mixiの方でかなり近い方と判明。てか、早稲田祭2007鉄研ブースに来てくださった方でした(汗

オホーツク81号・82号の並び@酷寒の上川駅
同じく上川駅にて。
駅を除いて周りは真っ暗。
星がキレイでした。肌に刺さるような寒さと透き通った空気。降ってきそうなぐらいの星。BGMにはキハのアイドリング音。
こんな秀逸な夜を人生の中であと何回経験できるんでしょうか…
時間は飛びまして朝の札幌駅。
札沼線531Dへ乗り継ぐ合間を利用して撮影タイム。
711系の6連運用なんてまだ残ってたんですね。
北海道に行くたびに711系の見納めになるんじゃないか…なんて思ってるのですが、意外といぶとい(笑
531Dを拓北で捨て撮影タイム。
下りは順光で撮れたのですが、上りは逆光でほぼ撃沈。
←の写真は送り込み回送列車。

何度見てもこいつの顔は東武に似てるとしか考えられない…

かなり手前から撮ったため派手にホーム端の柵が入ってしまいトリミングをしました。
その結果縦のバランスが…
こちらは上り526D。
逆光でものの見事に撃沈。まぁ東から来る上りを撮ろうという時点で矛盾してはいるのですが。
乗り潰しと撮り鉄の両立は非常に難しい。てか俺にはムリポ。。。
←は激しく編集してあります。
こちらは営業列車の535D。
こいつで石狩当別へ移動します。

よく見れば分かりますが、編成がカオスwww
この後535Dから5423D(キハ40−402)へと乗り継ぎ新十津川へ。
ボックスが空いてるのにロングシートでうたた寝してたらよだれ垂れてたw
最終的に新十津川まで来たのは自分ともう1人オタだけで、まともな客は1人もいなかった、というわけで。

この後は新十津川役場前からバスで滝川に出る予定だったのですが、バスが全く来ず。たまたま居合わせた地元の方とハイヤーで相乗り。無事オホーツク3号に間に合い深川へ移動できました。
新十津川でバスが来なかったら、バス停からちょっと橋側(駅とは反対側)に歩いた右側にあるハイヤーを使用すると良いでしょう。滝川駅まで1410円でした。今回は相乗りと言う事で500円弱で行けましたが。東京から来たオタの汽車の時間を心配してくださったあのお二方に改めて感謝の意を表します。ありがとうございましたm(_ _)m

さて、オホーツク3号で深川まで移動。留萌経由で増毛まで移動!!
4925D→5921Dと乗り継ぎ増毛へ。
4925Dは後部にキハ54−509を回送で連結していて、これが留萌で折り返し4928Dへ充当。5921Dは引き続きキハ54−504で。
増毛=高倉健の「駅〜STATION〜」が出てくるあたり脳味噌が古いのだろうか。


雪が積もっているのと快晴だったからかうら寂しさはあまり感じず。
あた、駅前にいたのは5921Dから吐き出されたオタ同業者のみ。。。
そうそう、新十津川まで一緒だった同業者もここまで一緒。まさか同じルートを辿るとは。ただ、すごい軽装だったので道内の人だったのかも。

往きに撮り損ねてしまったので帰りに狙った臨港線の廃線跡。
夏に行くともっと色々みれたんでしょうね。

留萌駅の周辺はトワイライトゾーンがたっぷり。
←も左側のトラスはすでに廃線になった留萌港へ伸びる貨物線の遺物。さらにこの増毛側には留萌港へとカーブする築堤と橋台を見ることができました。ぜひとも夏に車で行きたい…
この後は深川まで戻り、スーパーカムイ(785系充当orz)で旭川まで。旭川ではすでにおなじみT氏に会い旭川で時間つぶし。QMAやったり…だって5に更新されてからやってなかったんだm(ry
その後はまた恒例となった焼肉バイキングへ行き夕食。
慌しく旭川駅へと舞い戻りスーパー宗谷3号の乗客に。
忙しい中付き合ってくれたT氏に感謝。てか、今度はもっとゆっくり行くから!!
旭山動物園でペンギンが見たい…
ほいっ最果てその2。
実は数分遅れて着いたため、ただでさえ短い滞在時間がさらに短く。
これを撮った後全力ダッシュでバスターミナルへ。
観光?なにそれおいしいの?
この後23時ちょうど発の深夜バス「わっかない号」で札幌へ。ちゃっかり最北の深夜バスを履修してます。
女子高生っぽい女の子3人組が乗ってたのに少し驚き。でもよく考えたら札幌まで遊びに行くとしたら一番安く、一番早く着く方法なんですよね。これって。
ただ、寝ても寝ても着かないし、起きたら常に走ってるし。
窓は湿気で結露し、体は寝汗でじっとりと…

某壇ノ浦レポートのように「寝れないんだよぉ!!」なんてことはなかったですが、札幌センチュリーホテル前で降り立った時のすがすがしさといったら!!
それはまぁ次のページで。

この1日で未乗区間消化距離は400.9kmでした。総移動距離は…計算するのメンドクセ…(マテ
とりあえず最北の街稚内での滞在記録6分は「水曜どうでしょう」すら超越するでしょう…
まぁ小学校時代に稚内へは行ってるので大して未練はないっすw


第四日目へ