×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
保有・製造車両
桜咲電鉄
実車・旅行記
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
記念画像庫
木材チップ輸送貨物列車
メーカー:KATO・河合商会ト
改造箇所:TNカプラー化

   




実車について
 2007年現在も続けられている室蘭本線陣屋町(貨)〜萩野間の木材チップ輸送。室蘭港で陸揚げされた木材チップを製紙工場のある萩野まで運ぶのがこの列車の使命です。その昔はごく一般的なトラの上に緑色のカゴをつけたトラ90000が、現在はワム80000を改造したワム480000を使用して輸送が行われています。2007年までタキ1100数両が連結されていた他、時にコキ50000系が連結されます。牽引機は鷲別機関区のDD51やDF200です。
コメント
 管理人が所有する数少ない貨物列車のうちの1本。ただし、一般的に保有している方が多いコキ編成やタキ編成ではなく、黒いトラをいっぱいつないだ編成。このためだけにDF200を2両、DD51を1両所有している。当初はトラ90000だけで編成を組んでいたのだが、KATOからワム480000が発売されていることを知り、併結。さらに河合商会から発売されるタキ1100を繋ぐことを考えている。ただし、実車が20両以上の長さになるが、現在その半分程度しか保有していないため、もう少し編成を伸ばしたいという願望が^^;
あと、付属の木材チップを搭載して保護ビニールをかけるのが面倒くさいという理由で返空列車となっている。釜の性能的には搭載しても大丈夫だと思うんだけどね…
ちなみに、これまた実物は見たことがないorz