×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
保有・製造車両
桜咲電鉄
実車・旅行記
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
記念画像庫
キハ82系特急おおとり
メーカー:KATOX
改造箇所:屋根上のウェザリング

   



※2枚目の写真(右上)は快急新所沢氏が撮影したものです。
頂きものですので、特に転載厳禁です。よろしくお願いします。


コメント
 KATO新ロットのキハ82の屋根と前面をウェザリングしただけです。この製品は本当に出来がいいですから。国鉄色の色調も納得できる範囲ですし。
ただ、汚したのはいいけれど、キロの屋根上を少し汚しすぎた感じが。様々な俯瞰写真を見るとキロの屋根は比較的綺麗なんですよね。さて、どうしたものか…
実車
 
昭和36年10月の改正、「サン・ロク・トウ」で北海道に華々しく登場したキハ82系だが、さすがに昭和60年代にもなれば陳腐化が進んでいた。北海道の過酷な気象条件は車両自体も痛めつけていった。昭和55年からキハ183系が導入され、看板列車とも言える「おおぞら」や「北斗」は軒並みキハ183系化されていった。キハ82系はローカル路線へと追いやられ、山線経由の「北海」や石北本線の「おおとり」に使用され、最大13連で函館本線を疾走していた頃の姿は失っていた。しかし、キハ183系にはない食堂車を連結していたことから、以外にも人気は失っていなった。
 模型で再現したのは、昭和60年3月14日改正からの特急「おおとり」(函館〜網走)で、後部の2両、8・9号車は北見回転車である。この頃、現在も運転されている「オホーツク」がすでに登場している。