×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
鉄道事業部
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
旅行記

北海道旅行2006.4.1〜4.4 第四日目

さて、律儀に24時を越した所で4日目に突入。早いものです。4日目突入ご最初にしたことは…1時23分発の急行はまなすを迎え撃つ事!w
それでは無駄にテンションを上げた所で4日目突入です。

1時13分に入線した急行はまなす札幌行き。北斗星とは違い座席車が多いのでみんなつらそう。大半の人が寝心地のいい体勢を得ようともぞもぞ動いてましたし。でも座席じゃ絶対に寝れる体勢って見つからないんですよねぇ。

はまなす牽引機DD51−1143号機@函館駅
はまなすを見送ったあとホテルへ戻るのですが、人が全くいないのをいいことにレリーフ「きのうの敵は あすの友」を撮影。旧函館駅舎や青函連絡船、ペリー、伊能忠敬などが彫られています。

電光掲示板は明日の始発を表示@函館駅
…この後どこにも寄らずにホテルの部屋に帰ってきて(寒かった)テレビを見ていたら涼宮ハ(ryを北海道テレビで放送していた事にかなり動揺。しかもその日から放送ということで第1話だったのですが、スタッフ飛ばし過ぎwww
…というわけで翌朝。
今日の第一ランナーは8時30分発のスーパー北斗3号。そしてこの写真を撮っているのは8時16分。かなりやばいです。既に入線しているのが見えるし…(((( ;゚д゚)))アワワワワ

特急に走りこんだのはこれが初めてでした。じー様も若くないってのに何やってんだ俺。こーゆーことをするのはことは1人の時だけにしましょう。
というわけで写真を撮る事もできずに札幌到着。またしてもホーム先端で乱射しまくりです。
ぼーっとしてたらDD51牽引の回送列車が入線。あまりにも突然だったので頭からの写真が撮れませんでした。だってホームギリギリの所に停まるんだもん…
牽引機はDD51−1143号機。昨日の今朝のはまなすを牽引していった奴でした。

低速で本線へと出て行く回送と721・261系@札幌駅旭川方
731系が出発した後入ってきたのは学園都市線のキハ141系101編成+キハ40−818の4両編成。キサハ144に萌え萌え(オイ気動車なのに中間車、っていうのが最高です!というか気は141系自体が50系客車の改造、というのがもうかなりキてます。キハ45以来じゃないですかねぇ。
それにしても学園都市線が東急の田園都市線と被る…orz

キハ141系第101編成@札幌駅
本日の第二ランナー、キハ183系3両の特急サロベツです。え、3両…?車内は結構な乗車率。もう1両ぐらい増結してもいい気がするんだけどなぁ…。
これで旭川まで直行する予定でしたが気が変わったので少々行程を変更する事としました。

キハ183−1503@札幌駅
キハ183ー1500のエンジン音を堪能した後、岩見沢で一旦下車。6分後を追いかけてくるライラック9号に乗り換えることにしました。だって781系だっていつなくなるか分からないし…
というわけで岩見沢でしばらくの撮影タイム。711系を撮ったり785系を撮ったりしていました。

785系スーパーホワイトアロー@岩見沢駅
そして781系充当のライラック9号が到着。国鉄特急型電車らしい顔つきがたまりません。(病k(ry)
キハ183系から乗り換えた身からするとやはり電車の加速度は素晴らしいですね。何かグイグイと加速していきます。でも気動車の加速の方が旅情があるかもしれません。
せっかくの北海道フリーパスなので贅沢にuシートで旭川まで。あまりに空いていたのでじー様は自由席の方で寝ていましたが(笑)
781系ライラック9号@岩見沢駅
そして14時丁度、旭川へ到着。長かった鉄道による旅も終焉を迎えようとしています。
そんな感傷に浸る間もなく「放置が日常茶飯事な日記的記録媒体」のT氏と合流。2年ぶりの再会です。といってもT氏は売店で立ち読みをしていましたがw

ここでじー様と一時的に解散。旭山動物園へ行ってきたそうな。

高架化事業が始まりもう俺にとっては見納めかもしれない地上駅舎@旭川駅前
T氏と駅前をブラブラし、カラオケにでも行くか、ということになったのですが生憎の40分待ち。俺たちはその40分を潰したいんだよ!という叫びを心にしまって再び駅前へ。せっかくなのでT氏には待っていてもらい駅構内で撮影を少々。さっそく781系が来ました。

高架の足が後ろに見えている。札幌方では桁も掛け終わっているが、駅部分ではまだ支柱を立てる工事が行われている。@旭川〜近文
そしてこちらも絶滅危惧種の711系。国鉄型近郊電車な顔つきがt(ry 711系は絶対に撮れない、と思っていたのですが案外普通に運用にはいっていて少々驚きました。

711系S−111編成@旭川駅
こんな光景も次に渡道する時は見れなくなってしまうかもしれません。特に711系が一番ヤバイです。全車国鉄型で揃ってもうウハウハ状態の管理人でした(笑)
キハ54も一応国鉄型なのですよ?

右から711系、キハ40系、キハ54系@旭川駅
この後バスで焼肉バイキングへ行ったのですが二人してバスを寝過ごす、ということをやらかしたりしていました。何やってんだか。
T氏の御両親に車で旭川空港まで送っていただきました。昔から家族ぐるみの付き合いをしているのでございます。その間中T氏と御両親含めて「どうバカ」ぶりを発揮し、これまでにないぐらい笑わさせていただきました。やはりわかる人と話すと楽しい(笑)

帰りは旭川空港20時20分発のJAL1114便羽田行き。機材はA300−600Rでした。
座席は右後方窓側だったので、離陸後の右旋回中ずっと旭川の夜景を楽しむ事ができました。後ろがCAの席だったので後ろを気にする事もなく爆睡。羽田着陸の衝撃で起きました。飛行機でここまで寝れるとは思っていなかったので自分でも驚き。

時間がなくてこんな角度からしか撮れませんでした。牽引の車がいまだJAS塗装なのはご愛嬌。JAS塗装好きだったんだけどなぁ…@旭川空港

JAL1114便は定刻の22時に無事、羽田へ到着した。機内から広い空港内へ出ると少ない乗客がより一層少なく見える。とかち帯広空港からの便の乗客も合流してきたが、空港内に昼間の喧騒は戻らない。到着ロビーへの途中、どこからか吹き込んでくる風が暖かく東京に帰ってきたこと実感させた。
常に喧騒が満ちていて、様々な人にとって非日常の始まりでもあり終わりでもある「空港」。昼とは違った静かな「空港」は、やはり私の中でもそれが特別な存在であるとを再認識させてくれた。


















ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございました。
写真が多い&文章・写真が下手ですいません。腕を上げたいものです。
最後の文章はわけわかりませんね、はい。何となく書きたくなっただけです。反省しているので許してください。やっぱり俺って文才ないなぁ…
帰りは両親が迎えに来ていたので車で実家まで帰りました。京急で帰りたかったですけど、飛行機での爆睡具合を考えてもあまり得策ではなさそうですし。京急で羽田から帰るのはまたの機会に取っておきましょう。

最後に
この旅行を提案し、協力してくれた叔母さん・ばー様、
このバカみたいな鉄道旅行に付き合ってくれたじー様、
突然の旭川訪問なのに付き合ってくれたT、
空港まで送っていただいた上にお土産までいただいたTの御両親、
その他この旅行に関係した全ての方々、
本当にありがとうございました!m(_ _)m

やっぱりこれだけは言っておかないとね^^;

Fin.