×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
保有・製造車両
桜咲電鉄
実車・旅行記
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
記念画像庫
海軍工廠
巡洋艦 イギリス海軍Belfast
HMSBelfast号は、日本帝国海軍の最上級巡洋艦に対抗して作られた重巡洋艦。6インチ3連装砲を4基搭載。排水量は11533tである。第2次世界大戦から朝鮮戦争で活躍する。
 この日は午前中は授業で、午後はフリータイム。授業が終わると同時に学校を飛び出し、念願のフィッシュ&チップスを購入し、Twickenham駅へ。Waterloo、WaterlooEast駅を経由してLondonbridge駅へ。徒歩でBelfast号の係留されているタワーブリッジ方向へ向かいました。
テムズ川沿いにしばらく歩くと見えてきました、HMSベルファスト号が。中心にHMSBelfast、その後ろにはタワーブリッジ、左にはロンドン塔と、非常に豪華な景色かつ写真。雲が変な感じになっていますが、原因はよくわかりません。同時に撮った写真全てにこの雲は写っていました。
チケットオフィス兼お土産ショップを出た後、艦尾の方に設けられているタラップ(?)を渡っての乗艦です。乗艦するとすぐに、女性士官の制服をきたスタッフがいて案内図をくれました。もちろん全て英語ですw艦内を歩くスタッフは全員(全員じゃないかも?)士官の格好をしていて、無茶苦茶かっこいいのです。それだけでもうあぁ来て良かったと思っていしまいます。
写真は例のタラップから後部第三・四砲塔です。
もう一枚。
順路通りに行くと、最初に主砲砲塔内部の見学です。今までの人生で砲塔の中に入ったことなどあるはずもないので、感動しまくりです。柵がされていますが、本当に近くまで近寄れるのです。もう何がなにやら・・・あwせdrftgyふじこlp;
なお、砲塔入り口は非常に狭く、日本人の私でも頭をぶつけるかと思いました。
後部砲塔を出たら前部艦橋へと向かいます。前部艦橋内部にある食堂はカフェになっており、軽食も取れる様子でした。あ、右下にスタッフの方が写ってますねぇ。
上を向いて歩けば、マストが目に入ります。各種旗(何を示すのかはよくわからず)が風にはためいています。
上を向いて歩き続けると危険ですwテムズ川に流されますよーwww
さて、艦橋に行く前に撮った機銃です。何やら子供が乗っかって遊んでました。立入禁止の札はなかったので、問題はない様子。私も上ってみたかったですが、ちょっと恥ずかしかったのでやりませんでした。今思うともったいなかったかも・・・
このあたりに来ると順番がどうもわからなくなってきています。順路通りに回らなかったもので(;・∀・)
上の機銃とは違いますが、同じ機銃を上から。内部の構造がよく(?)わかります。
後部艦橋と前部艦橋の間にあるクレーンです。ボートを下ろしたのか、それとも艦載機か何かを下ろすか吊り上げるかしていたのか。用途不明です。上の前部艦橋の写真は写真右下のあたりから撮影しました。上の写真にもクレーンがちょっと写ってますね。

前部艦橋へ