×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contents

TOP
保有・製造車両
桜咲電鉄
実車・旅行記
海軍工廠
Diary
Profile
乗換口
掲示板
記念画像庫
EF62型直流電気機関車
メーカー:TOMIX
改造箇所:なし



コメント
 自分はEF62が走行している姿を見たことがない。実車を見たことがあるのは碓氷峠鉄道文化村に静態保存されている1号機と54号機のみである。そもそもこの車両が活躍していた時代が自分と完全に一致していないのである。それなのになぜ購入したのか…それはEF63との3重連をやりたかっただけである。急行能登の編成を再現する計画もあるが、14系化されたEF62牽引の編成より、EF58牽引の旧型客車による編成の方が好きになってしまっていたりする。
実車
 EF63は信越本線横川〜軽井沢間の新線開業に伴い、EF63と協調運転を行い、信越本線を直通運転する目的で製造が開始された。国鉄新性能電気機関車のなかで唯一のC−C軸配置である。合計54両が製造され高崎第二機関区や長野機関区に配置されるが、信越本線の客車・貨物列車の減少により余剰が発生し下関機関区に転属して山陽・東海道本線の荷物列車などを牽引したりした。末期には田端機関区に6両が残って急行能登用に残っていたが、急行能登も電車化されたためさらに数は減り、3両のみが残っていた。平成9年の信越本線横川〜軽井沢間の廃止によりEF63とともに存在意義を失ったため、全機が廃車となっている。現在、1・54号機が碓氷峠鉄道文化村に静態保存されている。